血液クレンジングって何?やり方とその効果は?

血液クレンジングの方法

血液クレンジングとは、特殊な医療用のオゾンを血液に溶け込ませる点滴のことを言います。血液中に医療用オゾンを取り入れることによって、身体が本来備わっている力を引き出す効果があります。方法としては、まずは血液クレンジングを実施している病院にて医師の問診、診断を受けます。この時に診断によっては医師の許可が降りない可能性もあります。問診の後は採血を行います。ここで採決した血液にオゾンを注入します。オゾン注入後に体内に血液を戻していきます。要する時間は約30分程度です。この治療は、一度で効果の出るものではなく、繰り返し行うことで効果を表わすと言わています。1週間から2週間に一度行うとより効果的です。

血液クレンジングの主な効果

血液クレンジングには様々効果があるとされています。まず、体内にオゾンを取り入れることにより、赤血球が体内の抹消部分まで酸素を運ぶため、体中に酸素が供給されることになります。そのため、全身の疲労感や筋肉の疲労、筋肉痛の修復改善に効果が期待出来ます。また、酸素が抹消まで行く届くことにより、手足の冷え症の改善にも効果があります。治療をしている段階から、視界が明るくなったり体が暖かくなると言った変化を感じる人もいます。

更に血液クレンジングには、細胞の働きを活性化する効果も持ちます。細胞の隅々に酸素が行き渡ることにより、活性酸素を減少させ、老化を予防します。同時に抗酸化力を高める力もあるため、アンチエイジングに繋がります。

肌がくすむ、なんとなく疲れやすいなどの身体の衰えを感じたら、医療機関での血液クレンジングの施術がおススメです。