自己投資レーザー脱毛!将来の介護にも備えよう!

医療レーザー脱毛は自己投資

「脱毛に通っている」という場合にはだいたい2つのパターンがあり、1つはエステ脱毛、そしてもう1つは医療レーザー脱毛です。脱毛方法は光脱毛、レーザー脱毛が主流で、どちらも原理は同じです。エステ脱毛は痛みも効果もマイルドなのに対し、医療レーザー脱毛は痛みも効果も感じやすいと言われています。皮膚科医には、エステティシャンが行うエステ脱毛について危険性を唱えている人も多くいます。例えば、外からの見た目はキレイな脇の手術を行った際に、見えない内側の部分では皮膚がダメージを受けていたことが判明したケースもあるようです。エステティシャンではなく看護師が行う脱毛という点では、エステ脱毛に比べ医療レーザー脱毛は安心でしょう。また医療レーザーはほぼ永久的な効果が期待できるため、長い目で見るとコスパに優れています。自己投資のひとつとして考えても良いのではないでしょうか。

介護脱毛は誰でもできるの?

医療レーザーでの「介護脱毛」を受ける40~50代の女性がいます。これは将来自分が介護される立場になったことを想定してVIOを中心に行うものです。つまりVIO脱毛と内容は同じです。自分自身が身内の介護を経験をしている場合に、より介護脱毛の必要性を感じ自分自身の介護脱毛に踏み切るケースが多くみられます。また男性にもVIO脱毛を希望する人がいます。例えばボディビルダーやお相撲さんなど人前で体を見られる機会が多い人たちです。しかし男性にも女性にも介護されるときはやってくるでしょう。将来介護されることを想定し、老若男女問わず、身だしなみとしてVIO脱毛をすることが一般的になるかもしれませんね。

医療レーザー脱毛はエステ脱毛と異なり、医療従事者が行います。初めは弱いパワーで照射し、回数を追うごとに照射のパワーを強めます。