肌に効果的なサーマクールとウルセラの違いってなに?

サーマクールとウルセラの違い

サーマクールは、高周波を使った新しいシワ・たるみ治療方法になります。ラジオはという電気的エネルギーを肌に照射することによって、肌の深さ約2.5mm付近にまで熱を届けます。その熱によって真皮層にあるコラーゲンが収縮して肌にハリを与えることができます。また、収縮したコラーゲンは傷を治す力によってコラーゲンを増成します。それによってハリがアップして、たるみなどを改善していきます。対してウルセラは、超音波を使ったたるみ治療です。肌に超音波を当てることによって、3mm付近で熱を発生させて強力にリフトアップしていきます。どちらも肌の奥に熱を当てる方法ですが、深さによって肌の締まり方や照射範囲が異なるのです。

二つの施術の効果の違いについて

具体的な施術の効果としては、サーマクール は落ちた脂肪を引き上げて伸びた皮膚を引き上げて全体的なリフトアップやたるみの解消、シワの改善を行うことができます。ウルセラの場合は、気になる部分を集中的に照射することが可能です。特に目立ってしまう頬のたるみやフェイスラインの引き締め、皮膚全体の引き締めなどに役立ちます。似たような働きをしますが、作用が異なるため両方の施術を同時に行うことによって、相乗効果を期待することが可能です。両方を行うことでお互いにカバーできないところをカバーすることができ、リフトアップにつながります。どちらともダウンタイムなどはなく、同日の施術が可能となっているというのもメリットと言えます。

サーマクールは、高性能の医療機器が発する超音波の力を利用して、全身のたるんだ皮膚をリフトアップすることが可能です。