自己処理は肌に悪い?サロン脱毛との違いを把握しよう!

自己処理はスキンケアが疎かになりがち

脱毛処理のうち、自己処理は綺麗な仕上がりにならないイメージがあります。エステサロンや美容院で行う脱毛とは異なり、脱毛の技術や知識に乏しい素人が行うのも仕上がりが良くない理由のひとつですが、それ以上に脱毛後のスキンケアが正しく行われない傾向があるのです。脱毛は単に体毛を取り除くだけではなく、その後のスキンケアが重要です。脱毛処理は肌に強い刺激をもたらすので、その刺激を緩和させるためにもスキンケアは欠かせません。脱毛だけでそのまま放置すると炎症や出血などの不具合が生じてしまい、見栄えが非常に悪くなります。美肌を保つためにも脱毛後のスキンケアは必須なのです。自己処理はあまり痛くない、面倒などの理由でスキンケアが疎かになりやすく、結果として肌荒れなどのトラブルが生じてしまい、仕上がりが悪くなってしまいます。

毛質に合わせて脱毛の方法を変えることが肝心

自己処理が綺麗に仕上がらないとされるのは毛質に合わない方法で強引に脱毛を行うためです。体毛は部位によっては固さや太さが異なり、それぞれ最適な脱毛方法が異なります。エステサロンなどの美容施設は毛質に合わせて複数の方法を使い分けるので綺麗な仕上がりになりますが、自己処理はひとつの方法で強引に進めてしまうケースが多数です。複数の方法を使い分けるのが面倒である他、自身の毛質を正しく把握していないのも大きな理由です。毛質に適した方法で脱毛を行えば、自己処理でも綺麗な仕上がりにするのは決して不可能ではありません。部位ごとに異なる自身の毛質を把握し、最適な方法で処理するのが良い結果に繋がります。

無料カウンセリングが可能な上野の脱毛サロンに通う事もできます。事前に日時を予約してから来店する事も可能です。